自身1000フライト (CX506/2019.10.28)

このレポートは2019年10月時点のものです。

当日の搭乗機 キャセイパシフィック航空 ボーイング777-367/B-HNN

初めて飛行機に乗ったのが1978年の8月。それから41年2か月かかって、生涯フライト数が1000フライトを超えることになりました。1000フライトは調整して(1)思い入れのある航空会社で、(2)できれば上級クラスで、(3)比較的長時間の路線で、と思っていたのですが、2019年は殺人的忙しさで伊丹-羽田を筆頭に飛行機に乗る機会が激増してしまい、結果的に半年以上前から家族で出かけるために確保していた、キャセイパシフィック航空のエコノミークラスで迎えることになってしまいました。この調整する予定だった3条件のうち、(1)以外はすべて外してしまい、しかも搭乗する機体は3-4-3の奴隷船仕様に改修されたアジア域内用の777-300という、かなり想定外の状況になってしまいました。ただ、過去のキャセイパシフィック航空での航空ファンへの対応は本当に素晴らしいことが多く、その点についてはおそらく期待しても大丈夫だと思っていました。
しかも、当時デモ活動が活発で、香港に行く人が少ない状況で、大半のキャセイパシフィック航空のフライトはすいているというのに(往路はガラガラだった)、記念すべきフライトはほぼ満席での運航という、ちっともめでたくない状況になったのでした。

Betsy Ver.2.0をいただきます!

さて、当日はチェックインを済ませて香港を出国。ラウンジThe Wingでヌードルの軽食を済ませて、前々から飲んでみたかったクラフトビール「Betsy」の第二弾、Betsy Ver.2.0をいただきます。前回はベルジャンホワイト風でしたが、今回はペールエイルと、完全に私のビールの好みにドンピシャでした。ゲートシャトルに乗って67番ゲートへと向かいます。一応oneWorldのサファイアステイタスはあるので、優先搭乗も使うことができます。搭乗するときに、ISDにこのフライトで生涯1000フライトになることを伝え、写真にキャプテンのサインを書いてもらうお願いと、私からクルーへの記念品を渡しておきました。

あえてブロックを狙って真ん中を空けておいたのですが、この状況なので真ん中に来る人にお願いして、真ん中と通路側に席を変えてもらう羽目になってしまいました。

息子はモニターに夢中

10時19分、B機長からアナウンスが入ります。副操縦士Dさん、ISDはCさん、関西国際空港までの飛行時間は2時間58分とのこと。
10時32分、乗客が2名搭乗せず、手荷物をおろしており、また使用滑走路の方向が変わるので、動き出すまでに15分かかる、とのこと。
10時37分、ドアクローズ。
10時38分、ISDのCさんからアナウンス。日本航空とのコードシェア便、機長はBさんとのこと。
10時41分、プッシュバック開始。
10時42分、アナウンスが広東語でも行われ、最後に日本語のアナウンス。
10時45分、タキシーアウト。空港内をタキシングして、RW25Lの出発機の列に並びます。10時56分、RW25Lへ進入。10h時57分、44秒の滑走のあと、RW25Lよりエアボーン。11時03分、シートベルトサイン消灯。

チャイルドミール

水平飛行に入ると、ドリンクサービスが始まり、続いて息子のチャイルドミールがやってきました。ミートソースパスタとパン、ハーゲンダッツのアイスクリームにリンゴジュースという組み合わせ。息子はミニオンズの映画を見ながら先に出てきた食事をパクパクと平らげていきます。

大人の機内食(和食)

息子の機内食が終わったころに大人の機内食が運ばれて来ました。照り焼きチキンかシーフードパスタからのチョイス。以前は中華料理のメニューが必ず入っていたのですが、最近は洋食と和食という組み合わせが増えたように感じます。
ほぼ満席なので、やはり全体的なテンポは遅めで、機内食のトレイが片付いたと同時に免税品販売といった感じでした。以前ならRemove Before Flightのタグセット、なんてものがありましたが、これも調子に乗って買いすぎてデッドストックを抱えている状態なので、今回はパス。

大人の機内食(洋食)

息子はミニオンズの映画も見終わって暇になってしまったのか、しばらくぐずった後に寝てしまい、妻が抱っこ紐で寝かせることに。大人は往路で途中までしか見なかった映画の続きを見て過ごすことにします。フライトマップを見ると、高度35000ftで巡航しており、すでに日本の領空に入っていました。

寄せ書きとお渡しした記念品

免税品販売が終わった頃に、ISDのCさんが席にやってきて、1000フライトのお祝いのスパークリングワインを持ってきてくれました。先ほど渡した記念品のお礼、とのこと。写真には機長だけでなく、クルーの皆様からの寄せ書き、そして「書ききれなかったから」と別にキャセイのカードにもメッセージが書かれていました。機長も喜んでいたそうで、降り際にコックピット見学の許可もくださっているとのことでした。
ここで日本時間に時計を合わせます。香港時間13時05分が、日本時間14時05分になります。

14時15分、機長から降下を開始するとのアナウンス。少し落ち着いていた機内が、再びあわただしくなってきます。
14時35分、シートベルトサイン点灯。キャセイパシフィック航空の基準は、だいたい日本の航空会社に近いので、到着まであと10分強と言ったところでしょうか。
14時42分、機長から客室乗務員へ、着陸準備をするようにアナウンスが入ります。
14時45分、ギアダウン。
14時48分、RW06Lに着陸。
関空の場合、B滑走路側から第1ターミナル側に抜ける誘導路が1本しかないので、これからゲートまで15分くらいの地上走行時間です。疲れて帰って来ていつもうんざりする時間でもあります。もうちょっと融通を利かせるとか、設備を整えるとかして欲しいものです。
15時01分、4番ゲートに到着。

さて、この便のクルーの皆様は、18時発のCX507で香港に戻られるので、3時間の余裕があるんだとか。機長のお言葉に甘えて、コックピット見学をさせてもらい、当日のほぼ全員のクルーの皆様と記念撮影もさせてもらいました。用意した記念品は、「さっそくカバンにつけました!」なんて方も居て好評でした。

私たちは降機して入国審査と税関を通って自宅へと帰ります。わずか3時間のフライトで、少ない時間を上手に使ってお祝いしてくれたキャセイパシフィック航空のクルーの皆様の底力を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*